まめまるの気になる出来事

ネットやテレビを見ていて気になった出来事。食べること・旅行・お金・レジャー大好きwwww

あさイチにフレンチの巨匠アラン・デュカスさん登場

   

あさイチをぼーーーーーっとみていたらレジェンドキッチンにフレンチの巨匠アラン・デュカスさんが登場

ブレットのオムレツと緑のコンデュモンのレシピを紹介。
さっそくメモメモ・・・・
番組に登場したレシピをご紹介します♪

アラン・デュカスさんってだれ?

アラン・デュカスさんはフレンチの巨匠として有名な人で、33歳で史上最年少で三ツ星を獲得。
現在ではなんと19もの星を持ち、世界各国にレストランを運営するシェフです。

彼の人生哲学は「分かち合い」
仕事の中心はみなさんと分かち合う事、幸せやレシピをみんな分かち合い、料理とはみんなで楽しみ分かち合う事だとおっしゃっていました!

ベージュ アラン・デュカス 東京

「ベージュ アラン・デュカス東京」は 2004年12月、
アラン・デュカスとシャネルのコラボレーションによって誕生。
「ベージュ アラン・デュカス 東京」はシンプルであると同時に洗練された、コンテンポラリーなフランス料理を堪能できる斬新なレストランです。
シャネルのエスプリが存在し、ピーター・マリノ氏によって見事に演出されています。インテリアに使われた素材、色彩にいたる全てにおいて、シンプルでエレガント、細部にいたる全てからこだわりが伝わってきます。

店名 ベージュ アラン・デュカス 東京(洋食/フランス料理)
住所 東京都中央区銀座三丁目5番3号 シャネル銀座ビルディング10階
最寄駅 東京メトロ線 銀座駅
営業時間
昼 11:30 ~ 14:30(LO)
夜 18:00 ~ 20:00(LO) ※23:00閉店
定休日 月曜・火曜
予算 ランチ 6,000円~7,999円 / ディナー 15,000円~19,999円

ブレットのオムレツのレシピ

ブレットとは南仏でとてもポピュラーなほうれん草のような野菜、
日本名は「不断草」。
生で食べてもいけるそう

スポンサードリンク

材料 4人分

ブレット(ほうれん草でも代用可) 400g
バジル
イタリアンパセリ
たまねぎ
玉子 4個
塩 ひとつまみ&ふたつまみ
オリーブオイル 45㏄
パルメザンチーズ 188g

不断草〈フダンソウ〉1パック、100g〜300g前後

作り方

1、ブレットは芯(茎)と葉を包丁でそぐように分け、葉の部分はざく切りにする。
バジル、イタリアンパセリは手で葉の部分をちぎり、パセリは粗みじん切りに切る。
バジルは細切りにする。
たまねぎはみじん切りにする。
ボウルに切った材料をすべて入れざっくり混ぜる。

2、卵を溶き、卵に塩ひとつまみ、野菜のボウルにふたつまみ、こしょうもそれぞれに加え、
まずオリーブオイル30㏄、パルメザンチーズを入れてからさらに15ccのオリーブオイルを入れ、最後に溶き卵をすべて加えヘラでよくまぜる。

3、フライパンを熱し、にオリーブオイルをひき、バターを加え2をすべて入れる。
ヘラで表面をならし、軽くおさえる。
弱火にし、蓋を4㎝ほど少しずらしてのせ焼いていく。

4、フライパンを裏返し、蓋を使って裏返して焼く。
周りを1度へらで整えて裏面を5~10分焼いていく。

緑のコンデュモンのレシピ

材料

バジル
ルッコラ
アンチョビ 1切れ
茹でた卵黄 1個
パルメザンチーズ 
オリーブオイル
赤ワインビネガー

作り方

1、すり鉢でバジル・ルッコラ・アンチョビ・茹で卵の黄身をすりつぶす。
すり潰すことで香りがすーっと立つ!
少し形が残るくらいに潰す。
回してするのではなく潰すように!

2、パルメザンチーズ、卵黄を加えて混ぜる。

3、酢(赤ワインビネガー)を加えて混ぜる。

4、オリーブオイルを加えてさらに混ぜる。
オリーブオイルは乳化させるために混ぜながら少しずつ加える。

5、味を整え完成!

スポンサードリンク

 - あさイチ ,